府忠

府忠工業高校(西地区)

偏差値42の県立工業高校。
総番の「黒子」をはじめ、ケンカ慣れした凶悪な生徒が多数在籍しており、不良校として知名度が高い。
生徒の大半は人相も悪い。

危ない生徒が多いが、仲間同士の絆は他校よりも人一倍強いという意外な一面を持つ。
「黒子」が唯一、「府忠の生徒同士でのケンカは禁止」というルールを設けているため、校内での騒動は意外と少ない。


日樫山とは対立している。

凶悪すぎて、『西音堂事件』の時は西音堂(未完成)に襲撃されることはなかった。

作成者:大門

カスタムキャラ一覧


陸奥蓮(むつれん)

mutsu.png mutsu2.png mutsu4.png
学年 3年
一人称 あたし
身長 167(88D,67,86)
所属 理科部
学力
自毛 こげ茶
トイレで唸る
主な特徴 静かなる霊術師、中二病、何があっても決して血を見せてはならない
特殊な呼び名 でじなじ(黒子)、トンチキ姉ちゃん(海原)、貞子(大嶽)
好き オカルト、ホラー、血、紛争
嫌い 明るい場所、弟をバカにするヤツ、踏切と電車の音(Asiraが苦手としている)
府忠工業3年。
不気味な連中が集う府忠の中でも特に意味嫌われている生徒で、あの「府忠の怪物」と呼ばれている「黒子」ですら接触を避ける程の女。
非常に霊感が強く、彼女曰く「未練と怨念に付き纏われて困る」らしい。その所為か、彼女の周りは時折不可解な現象が起こることがある。
因みに彼女は亡霊を「未練と怨念の賜」と呼んでいる。
なお、彼女は霊自体は見えていない。気配で霊を感じ取っている。
鋭いのは霊感だけでなく、予知能力までピカイチ。しかし、「未来が見えるなんてつまらない」といって、その力を使うのを躊躇っている。

いつもマスクをしているが、別に病弱というわけではなく、単に顔を見られるのが嫌で付けているだけ。その上、長髪なので何を考えているのかよくわからない。
部長の「久留島」がお気に入りで、いつも彼に引っ付いている。
因みにマスクを取ったところは「久留島」と「知久」しか見たことがない。(理科室では基本的にマスクはしていない)

1年の頃からマスクをしていたため、クラスの生徒から度々からかわれていたが、「彼女の眼を見た者には不幸が訪れる」という奇妙な噂が流れ出し、いつの間にかそれが真実となってしまった。彼女が素顔を完全に隠すようになったのはその時からである。(勿論、現在は「久留島」を含むどの生徒にも素顔を見せたことはない)

血が大好き。血を見ると興奮する。(彼女の腕には無数の傷跡がある)
学校外で殺傷事件が起こったら、大抵彼女が関係している。(校内では数回にわたりリスカして大騒ぎになったことがある)
人が嫌がりそうな事も好きで、「黒子」の乱戦をこっそり傍観するのが趣味。
(本当は自分も乱入したいのだが、彼女が手を出すと喧嘩で収まらなくなる危険性があるため「福永」が監視役に回った)
何かと危険な人物だが、自分への苦痛も大好き。寧ろ、彼女にとって苦痛は快感でしかない。まさに「SとMの接線」。
発狂してしまうと、誰かが止めに入らない限りもれなく血祭りとなる。(彼女の隙を突かないと近付くことすらできないので、大抵は彼女の気が収まるまで密室で放置しておくか(この場合かなりの確率で彼女がリスカして自滅する)、「福永」がこっそり痺れ薬を投与するかのどっちかになる)
「Asira(アシラ)」という別の人格に取り付かれている。その正体が何なのかは本人もわかっていない。
(彼女は得体の知れない死霊に取り憑かれたと思っている。元々、霊にまとわりつかれやすい体質で、多くの霊は嵐のようについてきて、嵐のように去っていくので、Asiraは異質の霊らしい)
なお、Asiraは電車と踏切が大の苦手で、それらの音を聞くと頭痛を引き起こし、最終的には気絶してしまう。(暫くすると、元の「陸奥」に戻る)

何処で入手したのか分からないコンバットナイフを持ち歩いている。

花園に通う弟がいる。大の仲良しで1度も喧嘩したことがない。
姉弟共々、イカれており、弟を貶して無傷で済んだ者はいない。

雰囲気が似ている「水月」を気に入っているようだが、避けられる。

作成者:桜ちぇり~★

セリフ

  • ふふふ…、見えるわよ。あなたの周りを漂う未練と怨念の賜物がね…
  • 世の中には科学では証明できない現象もあるのよ?
  • ひゃひゃひゃひゃひゃっはははあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!は…ふふ、ふふふふ…うふふふふふふふ……
  • 静ちゃんに似てるってよく言われるけど、あたしあの子みたいに人見知りしないし、話ベタじゃないわ。まあ、見た目は似てるかもしれないけど…

コメントする

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-01-05 07:53:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード